プレビューモード: ゲストが予約ハウス情報を見る方法 ハウス情報の変更

宿坊 端場坊|TEMPLE HOTEL HABANOBO

端場坊は端(はじ・はし)の場所の坊と書き文字通り、身延山の東端に位置しています。「はじ」は「始まり」であり「初め」です。そう、端場坊は始まり(初まり)の場所なのです。

仏教では私たちの生活しているこの世界のことを「俗世間」と言います。今から800年ほど前、日蓮聖人はここ「俗世間」を仏の世界へと変えていくこと(私たちが成長し仏様のような人格を求めていく)ことを生涯のテーマとされていました。そんな身延山の端(はし)に位置する端場坊にお泊まりいただきお参りいただくことが、誰もが心の余裕を失いつつあるこの現代において、一旦それをリセットし新たな気づきを得る。
それはあなたにとっての「はじまりの場所」になることでしょう。また、新たな自分への橋渡し(端=はし)となる場所になるやもしれません。

日蓮宗総本山である身延山久遠寺の支院としてお寺が開かれてから、たくさんの先人の支えによって連綿と繋がれてきました。総本山のある身延は山梨県の南部に位置し、その名の通り「身を延ばす」場所として心身をリフレッシュする場所としてお越しいただき、日常の中にある非日常を体験することで新たな日常に戻っていかれることを願っています。
たくさんの魅力を持つ身延山。
身延山の東端にある端場坊。
端場坊より久遠寺へお参りし、日蓮聖人の御廟所(お墓)のある西谷へ行き、そして三門のある中谷へ。三門をくぐり287段ある久遠寺名物、菩提梯(ぼだいてい)からまた久遠寺へ。これは日の出(東)から日の入り(西)の如くお参りし、最後に三解脱門(さんげだつもん)の略である三門から菩提梯を登るという中道思想を表しているような気がしています。そんな散歩(参歩 お参り歩く)をしながら自分自身を見つめ直し、忙しさに忙殺されてしまう毎日からの回復ができる身延山端場坊へ是非お越しください。